お知らせ

  1. 2016年7月11日new
    『第11回青森インターナショナル LGBTフィルムフェスティバル』無事終了致しました。

    今年は、愛知、東京、宮城、岩手、秋田、北海道からもご来場いただき、新しい会場での初めての映画祭、懇親会ともに盛会のうちに終了致しました。お忙しい中、参加して下さったみなさま、ご協力下さった多くの方々に心から感謝致します。有難うございました!来年またお会いしましょう!
  2. 2016年5月11日
    『第11回青森インターナショナル LGBTフィルムフェスティバル』サイトを公開しました。
  3. 2016年5月11日
    映画祭のチラシをアップしました。


    映画祭チラシ(表面)



    映画祭チラシ(裏面)
  4. 2016年5月11日
    『第11回青森インターナショナル LGBTフィルムフェスティバル』サイトを公開しました。

チケット

全席自由席です。

  1日通し券 1プログラム券
前売り ¥2,200 ¥1,100
当日 ¥2,700 ¥1,300
学割 ¥1,800 なし
1日通し券
上映される3つのプログラム全てをご覧いただけます。
1プログラム券
上映される3つのプログラムの中からひとつお選びいただくチケットです。
当日券
当日券は映画祭会場受付にて残席に応じて販売いたします。
学割
チケットは当日のみ販売します。受付にて学生証をご提示ください。

前売券販売所

  • 青森市

    • シネマディクト3F チケット売り場
      (TEL:017-722-2068)

ご観覧の際の留意点

  • ※会場内、会場付近での写真撮影は固くお断りいたします。
  • ※上映中の入場はできませんので、予め開演時間等をご確認ください。(上映が始まりますと会場内が暗くなり、足元が危険です)
  • ※会場内での飲食はできませんので、ご了承ください。ただし、シアター前カフェスペースでの飲食は可能です。
  • ※再入場の際はチケットの半券を係員へご提示ください。

上映プログラム一覧

  1. 怒りを力に ACT UPの歴史

    青森県内初上映

    ACT UP の活動を記録した映像から米国のHIV/AIDS 運動の歴史をたどる。HIV/AIDS の時代を生き抜くために、人種や階級、ジェンダーの枠を超えて力を合わせ社会の変革に挑んだ人々。ACT UPの非暴力抵抗運動は、HIV/AIDS 危機にある米国政府やマスメディアを動かした。大切な人を失う哀しみを育み、人とのつながりの中で生きる力を持ち、セクシーでエネルギッシュなACT UP の姿を映し出すドキュメンタリー映画。

    怒りを力に ACT UPの歴史

  2. 日本短編作品集

    娘さんを僕にください
    東北初上映

    「なんで純子は俺の身体は女なのに、普通に接してくれるの?」FtMのルイには、純子という恋人がいる。ある日、純子はルイを両親に紹介するために実家に帰るのだが…。

    娘さんを僕にください

  3. ある家族の肖像
    東北初上映

    地域の人達と肩肘張らず交流する2人。ここに至るまで様々な葛藤があったに違いないが「僕らはこれで生きて行く」と言う前向きな開きなおりが基盤にある。LGBTがようやく一般に認知され始めたが、未だ身近な存在として捉え難いと言う人々に、ふたりの何ら当たり前の日常を観て欲しい。そして、様々な立場の人がステレオタイプな家族の呪縛から開放され、家族の形について考えるきっかけになればと願う。

    ある家族の肖像

  4. leave us alone
    東北初上映

    友達にも恋人にも優しい春樹は、同性愛者には残酷だった。そんな彼の価値観を揺るがす出来事が起こった。

    leave us alone

  5. ソウル・フラワー・トレイン

    東北初上映

    田舎の素朴な父親が都会に娘を訪ねて来た。そんな父と娘の古き良きホームドラマ・・・のはずが。『普通』の父親の『普通』ではいられない、親心が大きく問われる旅となっていくのだった。「MIND GAME」の鬼才 ロビン西の叙情的名篇を映画化。

    ソウル・フラワー・トレイン

特別企画

「多様な性にYes! IDAHOメッセージ展」を
  	同時開催します。

2016.7.10(日)12:30~20:00
会場:シネマディクト1F カフェディクト

青森県内で活動するLGBTボランティアサークル、スクランブルエッグとのコラボレーション企画として、本映画祭会場前にて「多様な性にYes!」の一言メッセージを展示します。是非ご覧下さい。

IDAHOメッセージ展の詳細

画像:多様な性にYes! IDAHOメッセージ展